Enjoy myself in オーストラリア

現在ゴールドコーストに滞在中。ファームでピッキング・ラウンドを経てサーフィン修行!日々の生活から海・波情報まで幅広く発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幻想的な

幻想的な

とても静かな朝。響き渡る音は自分の歩く音のみ。放射冷却の影響か何かははっきりしないけれど、ここではほぼ毎日こんな幻想的な景色を見ることができる。

mist.jpg


 何を思う?

ゆっくりと時間が流れていることを実感できる瞬間。今日という日が今から始まるんだなぁと実感する瞬間。ただ、それだけ。

これが昼間の風景
20071021102840.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/10/26(金) 10:30:09|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アマガエル

暗くなり始めた雨の日の夕方、どこからともなく聞こえる蛙の鳴き声。

どこにいる?あー、いた!

ついついかわいがってしまう今日この頃。
071008flog.jpg

 都会にいるとこんなこと滅多に経験できない。まして東京の都心でこんな立派な蛙にであうことなんてあり得ない。

こんな立派な蛙を育てる自然に今日も感謝。
  1. 2007/10/25(木) 10:32:47|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンダバーグ

★Sat.29.Sep
ピッキングで有名な街バンダバーグ。
ここチルダースから車で1時間弱。ガイドブックにも登場しない街チルダースと比較しちゃうと人口が45,000人もいるバンダバーグは当然ながら大都会。普段、土まみれパイナップルまみれになっている田舎者Norkにとっては困惑するほどのでかさ。
070929bandaberg.jpg

070929bandaberg2.jpg

 街を散策して、写真撮影して、バスターミナル近くのコリアンスーパーで食材を購入した。たったそれだけのことだけど、久しぶりの街歩きはとても楽しくて新鮮な感じ。チルダースの街?なんて歩いて5~10分で終わっちゃう。とてもコンパクトで便利と言えば便利だけど・・・・・。バンダバーグは1~2キロくらいあって、いろいろな店があった。うきうき楽しくなっちゃった。
 でも、もしこの街で働いていたら・・・・。休日には買い物したり、夜な夜なパブに行ったりとお金を浪費しちゃうかもね。仕事があって、生活に必要なお店はそろっているここチルダースが元田舎出身都会系エンジニアNorkにはぴったりなのかもね。

  1. 2007/10/23(火) 10:26:56|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファームジョブへ出発!

★Sat.8.Sep 一ヶ月前の出来事・・・・
 前日までの雨はやみ、綺麗に晴れたこの日。今までお世話になったサーファーズパラダイスを旅立った。買ったばかりのCrownWagonに荷物とたっぷりの思い出を詰め込み、500kmあまり離れたChirdersへ。
20071021101944.jpg

20071021101957.jpg

 サウスポートからハイウェイに入り、ブリスベン、サンシャインコーストを通過すると巨大パイナップルが現れた。サンシャインコーストはパイナップルで有名だ。(その後、まさか自分がパイナップルピッキングをすることになるとこの時少しも予想しなかった。)どこまでも続く同じ景色を眺め続けること6時間でChidersに到着。(若干のハプニングはあったけれど、事なきを得て・・・・・。)しかし、肝心の宿Sugar Bowlが見つからない。今日は野宿か?いやだ、そんなの。地元の人に場所を聞いてみたら調べていた場所とは若干違う場所にあったみたい。
070908pineapple.jpg

 ここはなかなか素敵な場所だ。緑豊かな土地、既に酔っ払っているヨーロピアン(土曜日だったので昼間から飲んでいたらしい)、気さくな韓国人、これから3ヶ月を過ごす場所としては最高の環境。目的である3ヶ月のファームジョブ(セカンドビザ条件)と英語の改善はばっちり達成できそうだ。
20071021102017.jpg

20071021102026.jpg

070909room.jpg

  1. 2007/10/22(月) 17:22:15|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pineapple boys VS Germany

★Fri.5.Oct
パイナップルボーイズ所属スタープレーヤーのNorkです。

写真左端がNork     Photo by koji 
071005soccer.jpg

 パイナップルボーイズは世界の強豪チーム同様、入れ替わりが激しく、既にフランス人一名、フィンランド人二名、イングランド人二名が他クラブへ移籍し、オランダ人二名が新加入してきた。つまり現在はジャップ二名、オランダ人二名の四名という寂しい状態が続いている。

 この日はパイナップルボーイズの対外試合。相手はサッカーの強豪国、誰もが知っているドイツ代表。ジョンレノン似のパトリックを筆頭にスタープレーヤー揃い。対するパイナップルボーイズはLucas(キャプテン、イングランド代表)、Tomas(イングランド代表)、Pascal(オランダ代表)、Nork(金森家代表)といった顔ぶれ。Ko-jiは膝の故障明けのため、ベンチで待機兼カメラマン。

 試合開始5分、フィールドの右サイドには疲れ切ったNorkの姿があった。Norkは大学時代サッカーサークル所属していたのだが、練習不足・日々の深酒・年齢から来る衰えから全く動けない。また、右サイドには何か硬い鋭利な物が落ちている。皮の薄い日本人には相当厳しい条件だ。ヨーロピアン達は何事もなく、全力疾走出来ている。なぜ??気づいていないのか・・・・。

ところで、この日のNorkのプレーは?
 ・最初はパスが来なかったNork
 ・徐々に馴染んだはずのNork
 ・スルーパスに追い着けないNork
 ・足元へのパスをトラップできないNork
 ・簡単にかわされるNork
 ・気持ちばかり焦るNork

 てな感じで迷惑をかけ続けた前半終了。(大学時代ならうまくいったかって??? 多分そうでもない。大学時代もみんなの足を引っ張っていたような・・・・・・。)こそこそとフィールドを後にしたNork。交代にはスコットランド代表のイアンを指名し、御役御免。

 ヨーロピアンはみんなサッカーがうまい。特にうちのキャプテン・ルーカスは身体能力を生かした豪快なプレーで他を寄せ付けないし、相手のキャプテン・パトリックは細い体ながら繊細なボールタッチと正確なフィードでゲームをコントロールする。他のみんなもそれぞれ正確かつそれぞれ特徴あるプレーをする。
 
 ヨーロッパはサッカーの強豪国が凌ぎを削る地域である。ここオーストラリアでそんな強豪国が多数存在するヨーロッパサッカーの舞台裏を見た気がする。簡単に言えばサッカー文化の根深さを。誰彼構わず(国籍問わず)ボールを蹴り、その輪は徐々に大きくなる。いつの間にかゲームを始めているといった感じだ。

 オーストラリアワーホリの後は世界をまわろうと思っている。ヨーロッパに行ったら必ずサッカー観戦をして、サッカー文化というものに触れてまたブログにアップできればいいななんて思っている今日この頃。

 たまにはサッカーしましょ!!

最後に友達がビーチサッカーの関東大会で優勝し、全国大会への出場が決まったらしい。30歳にもなって熱いねぇ。オメデト!
  1. 2007/10/20(土) 10:17:50|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生まれ変わった?

★Wed.17.Oct 
ピッキング6週目・・・・。
パイナップルをもぎすぎて顔がパイナップルになっていないか心配しているNrokです。

ファームジョブや宿にも慣れてきて、そろそろ何かを変えたいと思う今日この頃。そんな時、皆は何を変えますか?





髪形でしょ。やっぱり。

ここオーストラリアは春。しかし、昼間は30℃を越える。暑い。しかも、職場であるパイナップルファームでは長袖、長ズボン、帽子が必須アイテム。長髪に帽子をかぶっていると暑いし、ハエはまとわりつくし、かなり蒸すし(将来が心配・・・)。

そんなこんなでこんな風に。
071017.jpg

Photo by Korean friend.
Cut by hiro-bee.

初めてのスクラッチってやつを入れてみた。せっかく旅人?になれたのだから経験のないことをしてみようってことで。初めてにしては上出来かな。ちなみにすべてハサミでカット。すごいねぇ、hiro-bee。

改めてこの写真を見ると自分が親父に似てきたのがわかる。うちの親父、たぶん人生の半分は坊主頭ですごしている気がする・・・。中学の時なんて親父とNorkの髪の毛を一緒に母ちゃんが坊主にしていた気がする。

今度、親父の写真と中学の時の坊主頭と今の写真を比べてみよう。

See you!

※使用前
071017-2.jpg

  1. 2007/10/17(水) 18:22:52|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Toyota Crown wagon 

Fri.7.Sep
オーストラリアでの愛車トヨタクラウンワゴン。
20071012101426.jpg

年式;1988年
排気量;2,000cc
6人乗り
購入価格;2,300豪ドル
レジ11ヶ月付500豪ドル相当
洗車代45豪ドル
ガソリン料金25豪ドル
よって車体価格は1,700豪ドル程度
走行距離;132,500キロ
購入先;友人の友人

当初欲しい車はToyota Cummry Wagon(93年式以降、走行距離20万キロ以下、3,500豪ドル以下)だった。しかし、2週間探しても見つからずに時間だけが過ぎていって、ピッキングに行く予定が遅くなってしまうと焦りはじめた時に学校の友達から連絡が入った。
トヨタクラウンワゴンを手放す人がいるらしい。まあ価格も安く条件も良い。“百聞は一見にしかず”ということでさっそく次の日、見学・試乗に行った。オーストラリアで試乗した車の中で一番調子がいい。さらにこの車のオーナーはとてもいい人できちんと悪い部分の説明はしてくれた。(ラジエータの調子がわるかったのだが、後日新品に。)そして、買うことを決めた最大の理由が帰国するために車を売るのではないということと今後もゴールドコーストに住み続けるということだ。気さくに「どこか悪いところが出たら、連絡して。故障費用の相談に乗るから。」と言ってくれた。
 今のところ、絶好調の我が愛車クラウンワゴン。これからオーストラリアを共に一周する予定。大切にするためにそろそろ名前でもつけてあげようかなぁ。

45豪ドルもかかる高級洗車を受け、気持ちよさそうなクラウンワゴン。
20071012101436.jpg


最後にオーストラリアで車を買うなら日本での感覚(10万キロ以上の車はやばい・・・、10年前の車はやばい・・・)を変える必要あり。この感覚を変えるのに2週間程度かかった・・・・・・・・・。


  1. 2007/10/12(金) 10:16:03|
  2. AUS GC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Natural Bridge ナチュラルブリッジ

Fri.7.Sep Night(また1ヶ月前だぁ)

土ボタルって知ってますか~??

天空の城ラピュタに登場する飛行石のモデルになったと言われていて、きれいな青色に輝く虫。そうNorkの青春時代の如くまばゆい光を放っている・・・・・。

まあまあ、そんなこんなで国立公園で世界遺産でもあるナチュラルブリッジへ。最初は国立公園なのでツアーでしか訪問することができないからとあきらめていた。よくよく話を聞いてみると、どうもマイカーで行けるらしい。しかも入場料なんてものは存在せず、勝手に行って勝手に見る。夜8時以降は団体客が来るためその前がベター。
 善は急げってことでナチュラルブリッジへ。平均時速80キロで1時間ちょい。道も簡単でらくらく到着。がっ、、、、、、、暗い、とにかく暗い。外灯が一つしかなかったような。何も見えない。入場料もかからないと言うのはこういうことか・・・・。

 灯りがない。
 行けない。
 土ボタルを観察できない。
 はぁ・・・・。
 何しにきたんだよー、いったい??。

あっ、車の中に小さなライトを発見。よくやった。ただし、足元に半径50センチ程度の明るさがある程度。慎重に進まなければ。3人でこのライト1つ。
(なぜライトがあったかって?それは、Crownの前のオーナーさんがなんと土ボタルガイドをやっているからなのです。サンキュウー。)
小さなライトを頼りに駐車場から歩くこと2,30分。ようやく洞窟へ。
どこだ、青い光は?
070907tsutihotaru.jpg

あったーーー。綺麗。ヒデキ感激。持ってきた三脚にカメラを固定し、土ボタル撮影会開始。もっと燦燦と輝いている写真を撮りたかったけれど、カメラの性能が・・・。決して腕が悪いわけじゃない。写真にはあまり写っていないけれど、青い光が一杯で少しロマンチックな気分になっちゃった。30分ほどで撮影会は終了。小さなライトを頼りに駐車場へ。程なく団体客が到着。時間ずらしてヨカッタァ。あんなたくさんの人たちが来たら写真撮影どころじゃないよ。
 ナチュラルブリッジ、訪れる価値アリだね。
070907NaturalBridge.jpg

  1. 2007/10/09(火) 15:48:40|
  2. AUS GC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Byronbay and Nimbin バイロンベイ、ニンビン

Fri.7.Sep(1ヶ月前かよー!)

 10年来の友人であるko-jiがブリスベンからやってきた。パースを5月に出発し、ようやくここゴールドコーストにたどり着いた男。
 ということで、定番の旅へ。天気はあいにくの雨だけどー。バイロンベイとニンビン。ゴールドコーストに住んでいる人なら一度は訪れたことがある超有名な場所。ニューサウスウェルズにありながらクイーンズランドのゴールドコーストから車で2時間弱という近さ。
 バイロンベイはオーストラリア最東端の岬であることとそこに立つライトハウス(灯台)がとても有名。なんと今回の訪問で3回目。しかし、未だサーフィンはしていない・・・・。まあまあ。
070907byron.jpg

到着してすぐに「前に来たときはイルカがいたよー」なんて会話をしていたら、なっなっなんと悪天候にもかかわらず、イルカちゃんがお出迎え。たまに波に乗ったりしながら。なんとついているんだろう。3回中2回もイルカがいるなんて。ただ、もっとラッキーガイは鯨を遥か彼方に見ることができるらしい。いつか見たい・・・・。
雨にもかかわらず傘を持っていないNork達は早々バイロンベイを退散。次の目的地であるニンビンへ。
2回目の訪問となるニンビンはある草でとても有名な街。なんとその草が合法らしい。(日本の俳優である窪○ようすけ?も草が必要らしくたまに来るらしい。あの人おかしい時あるからなぁ。ビルから飛び降りちゃったりしたよね。でも、これはあくまで噂ね。)Nork達は草に全然興味が無いけれど怪しい街の雰囲気(ヒッピーな?)を味わいたくて訪問している。たまにオージーが草必要かなんて聞いてくるけれど、ノーサンキュー。みんないくらで買っていくのかな?
070907nimbin.jpg

 今度バイロンベイに行く時は最低でも1泊以上して、波乗りして生ビールのんでバイロンベイを満喫したい。ニンビンはもういいかなぁ。2回も行けば十分ってことで。
  1. 2007/10/08(月) 14:41:11|
  2. AUS Byronbey
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日? Dayoff?

オフをどう過ごしているか?

こんな感じ・・・・・。

とにかく、バッパーのご近所さん同士で飲んでます。

昼間は無料インターネットで。もちろん酒も・・・。

8割はKorean。
20071002152321.jpg

カエルを捕まえてくる若者。
070915flog.jpg

火をつけ興奮する若者。
070928fire.jpg

無敵はちまきを着け、暴れる若者。
20071002153155.jpg

そして集合写真・・・・・・・・・。
070928everyone.jpg

とにかく楽しく過ごしてます。 【“休日? Dayoff?”の続きを読む】
  1. 2007/10/02(火) 15:34:10|
  2. AUS Chirders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。