Enjoy myself in オーストラリア

現在ゴールドコーストに滞在中。ファームでピッキング・ラウンドを経てサーフィン修行!日々の生活から海・波情報まで幅広く発信!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

English 日本語との違い

いま、英語を勉強しています。

日本人は文法が得意だと言われています。

なんでだろー、なんでだろー、なんでだなんでだろー。
古いね。こんなの。
どーでもいいですね・・・・・。
オヤジ化してる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

そんなことより、
日本の学校で発音やら話し方を直されたこと
ありますかー?
ないですね、はい。
日本語って音が80くらいしかないでしょ。
要は、話すこと、聞くことは簡単なんです。だと思う・・・。

よく話せるけど、読み書きできない外国人いるでしょ。
英語にくらべれば、ありえないほど音が少ないから、
話すのも聞くのも本当に簡単。
発音なんて間違ってたって通じるしね。
発音というかアクセントか。
どこを強く発音するかってことだけど。

’読み書き’を習いに学校へ行く。
昔、むかしの寺子屋からこんなこと言われてるでしょ。
話し方は?聞き方は?どこへ?????
行かなくてもできるんだね。日本語。

だから日本人は文法とか読むことを勉強することだと
思っているんじゃないかって、心の奥底で。

英語ネイティブの人は、知らない単語を正しく発音する
ことできるのかな?って思う今日この頃。

日本人はひらがなで書かれていれば、意味がわからなく
ても正しく発音するでしょ。

今度、聞いてみまーす、ネイティブに。

※韓国語の読み書きはとても簡単らしいです。
 発音は難しいけれどね。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/18(日) 20:53:52|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語教育

真夏のオーストラリアです。

毎日30度近くありますね。

暑い・・・・・・・・・・。

来週からはクリスマスホリデーが始ります。

ところで、今日は英語教育について。

日本では小学校から英語教育が始まっている(始まる)
みたいですねぇ。

どうなんだろう?????

今、感じるのは本人がやる気にならん限り
いくら教育したところで、話せるようにはならないと思う。

さらに詰め込み教育量UPなんて感じてます。

何か文科省は目的なり、目標を明確にしているのかな?

きっと、国際社会に対応するために・・・・・・・英語教育を!!
なんて感じなんじゃないかな。違ってたらすみません。

結局、週休2日制にして、ゆとり教育掲げたのが、20年くらい前?
今は学力低下が・・・・・・・・・・・。そんな議論されている。

どんな目的でどんな研究からそうなったのかな?
ただの欧米の真似っこでしょ。

日本というのは、基本的に英語にふれる機会がほとんどなく、
英語なんか話せなくても立派に生きていけるし、高収入を
得ることだってできる。


でも、東南アジアや発展途上国では、英語は高収入を
得るかどうかの死活問題。みんな必死に話すことを練習
している。

「すいか、1ドルだよー、買って、買ってー。」
「どこまでいくらで乗せていくよー」

みんなその日の収入を得るために必死。
教育なんて必要ない。自ら学ぶ。

その中で裕福な家庭のやつらが海外留学して、
帰国してからガイドやら外資系会社で働いたり、
自分で起業する。

その課程に無駄はない。

また、ヨーロッパ人はユーロという国を超えた組織
があり、組織の中では当然英語が必要。言ってみれば、
国の言語はあるけれど、圏内の公用語は英語。
しかも、他の国とは陸続きで、ユーロ圏内ならばパスポート
なしで移動可能。簡単に旅行できれば英語話す環境も
たっぷり。

しかし、使う環境のない日本という国で英語を
義務教育化して詰め込んで、どんな意義があるかは
すごく疑問がある。
極端に言えば、英語の先生を雇うお金の無駄に
すらなるのではないかと。ネイティブの先生なんか
頼んだら、もっとかかるだろうし。

日本人が全員のクラスで、いくら英会話したいからって
英語で話し続けるのなんて無理だし・・・・。


むしろ、高校のセンター試験に話す試験を課したら
はるかに効率的に英語教育ができるのでは。
だって、来豪前に覚えてた単語はほぼ高校受験で
覚えた単語。その時まで覚えているくらい必死に
頑張ったからねぇ。
日本人の文法レベルは外国にきても高い。
試験に向けて必死に勉強する勤勉な日本人だもの。
だからそのベクトルを会話に向ければすむこと
なんかじゃないかって。

本気で国際社会にするのであれば、外国人が
日本を訪れる機会を増やす政策をどんどん実施すべき
じゃないかと。

要は、英語を必要とする環境を日本国内に作ること。
そこで初めて英語教育が生きてくることになると思う。

また、英語がなぜ必要か、英語が話せれば何ができる
ということを先に教えることが必要じゃないかなって。

英語を話すこと聞くことは、若いうちのほうが早く発達する
のは事実。しかし、やる気が必要なのも事実。

週休2日制・ゆとり教育の二の舞にならないように
祈っていますよ。
政治家さん、文科相のお偉いさんの自己満足にだけは
ならないように。
  1. 2008/12/16(火) 20:31:39|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

Life is too short!!

うちのオーナーであるマイキーがこんなことを言って説明してくれた。

Life is too short.

オージーの根幹にあるのが、この言葉らしい。

ほぼ全てのオージーは週40時間しか働かない。

休日出勤なんてありえない。

週40時間以上働いたら、能率が落ちる。

オージーは40時間以内で結果を出す。

遊びたいから、必死に働く。


彼、プログラマーです。

ミリオンダラー単位の仕事もしているらしい。

でも、週40時間。

波が良ければ、仕事前にサーフィンに行っている。

仕事から帰ってくるのは5時。

休日は船に乗って釣りに行く。

毎年、一か月のホリデーもとれるらしい。

日本じゃ考えられないと言っちゃいました。

そしたら、日本でもそういう会社あるよって。

隣り合わせにビルが二つあって、一つの会社(A社)は残業だらけ。

B社は残業を廃止して、6時に強制消灯で帰れる。

B社はA社のことをハードワーカーだと思っている。

A社はB社のことを怠けものだと思っている。

でもこんな結果に・・・・・・・・・・。
B社の売上は30%UP。

A社はどんどん売上DOWN。。。。。。。。。。。。

いやあ、日本で残業してたなぁ、でも。

残業中って比較的、おしゃべり多かったなぁ。

就業時間内も結局残業だからって、おしゃべりして無駄にしてたな。

Life is too short!

今日から座右の銘になりましたぁ。
  1. 2008/11/24(月) 18:42:42|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

President 黒人初の大統領

アメリカ合衆国に黒人の大統領が誕生したねぇ。
ちょっと遅いか・・・・・・。
いやあ、何となくいろいろと考えるところがあって。
President Barack Obama
バラク・オバマ大統領。。

生年月日:1961年8月4日 ハワイ州ホノルル生まれ
家族:妻(ミシェル・ロビンソン、1992年結婚)、子供(ナターシャ、マリア・アン)
宗教:Trinity United Church of Christ
学歴:1983年 コロンビア大学卒業、1991年 ハーバード大学ロースクール卒業
殺し文句は yes we can!

率直に言うと何で今頃そんなこと騒いでいるの?と。
とっくに人種差別は撤廃されて、みんな同じじゃないの?と。。

こんなに騒いでいるってことは、みんなある種の人種差別感を
アメリカの黒人に対して持っていたんじゃないのかなって

ひねくれてるね、オレ。

でも、たぶん、実際にいまも差別が残っているのが現実な気がする。

オーストラリアでも有色人種嫌いな人は今もいるし、
人種じゃなくてもなに人嫌いっていう人はたくさんいる。

ところで、すごくみんな期待しているみたいだけれど、
彼はまだ、選挙演説しかしていない・・・・・・・。

もし、どこかでアメリカの利権に関わる紛争が起きたら・・・・、
彼は軍に出兵するように命令しないのだろうか?
だってイラク?から撤退するのは、軍の費用がかさむって
いう理由でしょ!?
がたがたの経済が大統領が変わるだけで、
復活するのだろうか?
実際、オバマ氏が次期大統領に決まったって、
市場の反応は・・・・、無、、、、。
正直、疑問だらけ・・・・・・・・。

アメリカという国が変わるかどうかは、
期待して彼を大統領に祭り上げた人たちが
どれだけ彼を支持し、応援し、逆におかしなことに
No,we can'tを突きつけられるかだろうと思う。

いやあ、そんなことより、この黒人大統領誕生にわく背景が
よく理解できる映画がある。

「Remember the Taitans タイタンズを忘れない」

物語は、1971年ヴァージニア州アレクサンドリアの
州立T.C.ウィリアムズ高校にハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)
がアシスタント・ヘッドコーチとして雇われ迎え入れられた所から始まる。
当初ハーマンはヘッドコーチのビル・ヨースト(ウィル・パットン)の
アシスタントとして雇われたが、全人種が平等に扱われなければ
ならないと言う世論の動きに後押しされた教育委員会はビルを降格させ、
ハーマンをヘッドコーチに就任させる事を決定した。その通達を聞いた
両人はそれぞれ難色示した。何故なら、下手に白人の上に立つような
真似をすれば人種差別主義者に狙われる事をハーマンは知っており、
そしてビルもまた州立高校よりはるかに高額の報酬で雇ってくれる大学
のフットボールチームが彼に打診してきたからだ........。

ぜひ是非見て。超感動、間違いなーし。
でも、スポ根的な部分もあるので、女の子にはむかないかも・・・・・。
★鑑賞時に必要なもの。
ビール
ポテチ
そしてぇー、バスタオル(涙をふくやつ)。

では、では。
  1. 2008/11/12(水) 17:35:13|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

シンガポールGP

日本帰って来ました。
ブログやめようかと思いました。
バックパッカーも辞めようかと思いました。



ところで、今日、スポーツ番組と見ていると、
シンガポールグランプリ報道をしている。
フジテレビ。
やっぱりな。


っと思いつつ、写真をとったことを思い出した。

なんとなく、この通りを通ったときにF1だろうなと
思った。何かで読んだわけでもなく、誰かに教えて
もらったわけでもなく。

本当になんとなく。F1だろうなって。
なんでだろう?????

スポーツは大好きだから日本にいるときは、
ほとんどなんでも見ていた。スポーツ新聞の記事を
残すことなく読んでいた。
仕事から帰って、スポーツニュースのはしごを
していた。

だからかな。工事をしているのをみて
すぐF1だと。

でも、シンガポールグランプリは初めて開催らしい???
しかも、夜中開催。

写真を撮っていた。
IMGA0570.jpg
IMGA0569.jpg

なんだろう。何も知らないのに。

報道は帰ってきた日だった。

王監督退任。
これまたびっくり。
14年間。
もはや巨人の王ではなくなった。
Norkが小学生の頃は、巨人監督王だった。

今はそんなイメージはない。
ダイエーの王、ホームラン王の王。
それだけ。
みんなそうじゃないかな。

テレビを見ていたら、みんな泣いていた。

試合は負けたみたい。

もっと頑張れよー、ダイエーの選手!!!

自分も泣いていた。ごく自然に。気付かないうちに。

天才打者イチローも王監督は尊敬している。

人徳があるという。

その意味が初めてわかった。



そして、新内閣発足。

自分の中で、帰国日は到底忘れることの
できない日です。

何か運命的なものを感じる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


何かを成し得たい。
  1. 2008/09/26(金) 01:03:42|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Hangover 二日酔い

9月7日(日)
ひさびさの二日酔い・・・・・・・・・・。
波乗り中止。
家の窓から綺麗に波が割れているのがわかる。
サイズも申し分なし。とほほ・・・。

英語勉中止。

何もしません、できません。

前日、久しぶりに仕事して、

その後、久しぶりに飲みに。


なんであんなに飲んじゃうんだろうねぇ???
楽しいからでしょ!

なんであんなに飲めちゃうんだろうねぇ???
酒好きだからでしょ!!

不思議、ビール10本以上飲んだのに
体重は変わっていない。
つまみ食ってないからでしょ!!!

なにやら強いお酒も飲んだ気が。
ショットグラスに入っていたから間違いない。


残ったのはアセトアルデヒド⇒頭痛。
       気持ち悪さ。



残っていないものがあった。


後半戦の記憶・・・・・・・・・・・。
  1. 2008/09/08(月) 22:11:42|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Sydneyにて

1月初旬にこんなことを書いていた・・・・。

 今までどれだけ多くの人に支えられていたか。仕事・プライベート・友人・家族。ITの発達により世の中は狭くなったように感じるが、オーストラリアに来てしまえば、結局頼るのは自分。
 現状は言葉もままならない、成長したかもわからない。定職も無い。自由というか、自由すぎるというのも大変である。
 しかし、今が自分を知る・鍛える時である。30才にして見えてきた自分は、わがままで弱く、もろい。一方向にしか物事を把握できない、正直情けない。
 そんな中で今一度自分を見つめ直し、向かい合い、成長して更なる飛躍をとげたい。

*車にお金がかかったり、宿がなかったり、旅がストレスに感じ始めた時にこんなことを書いていたのだと思う。今は旅にも慣れて、言葉も通じるし、ある程度聞き取れるし。楽しく過ごしていますよ。
完全なオージーイングリッシュ(速い、はっきりしゃべらない、口開かない、やばい)は未だ聞き取り困難。
  1. 2008/06/04(水) 14:23:40|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅 (30歳)

旅に出た、30歳目前にして。

旅に出て8ヶ月、30歳になった。

今の自分は変わったかい。
変われたのかな。

何かを求めて旅に出た。
何かを得られたのかな。

わからない。

だけど大切なのは、

何にもしばられない自分と初めて向き合えたこと。

名前にこだわることなく生きられること。

何か特別なものがあるとは限らない。

ただ旅の終わりには少しでも豊かな心と
海よりも広い心を持ちたいなぁ。
  1. 2008/02/09(土) 14:27:42|
  2. 思うところ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。